2011年3月2日水曜日

$600000000000の謎

人類史上の究極のなぞ明らかになった。
何故、こんな謎が今日突然明らかになったかというと、
本日上院銀行パネルにおいてバーナンキ議長がスピーチをしたからである。

そして当然のことながら、究極の謎とは米国の量的緩和政策の規模は、
何故$600000000000(50兆円ぐらい)であるかということである。
バーナンキによると、デフレを回避するにはFF金利75BP削減と同等レベルの金融緩和が必要だと感じたそうです。そこでいろいろ計算したところ、大体$150000000000から$200000000000の量的緩和で短期金利25BP削減と同等の効果があるということになったそうなので、その数字を3倍して$600000000000になったそうです。
ところで、今、既にゼロ金利政策やってますよね。
加えて、QE1, QE 1.5 も足すと米国のQEの合計の規模は$2350000000000(200兆円ぐらい)のでそこにさっきの計算をぶち込むと、
実質的な米国の政策金利-4%から-5%になるとバーナンキの発言から推測できます。
こんな勢いで通貨の価値が下がったら、金も、銀も、卑金属も、食い物も、ゴムも綿も、原油もレアメタルもコモディティーだったら何もかもあがって当然ですがな!(天然ガス除く)
しかし、皆さんご安心ください。
ちゃんと、インフレは制御できているとバーナンキ議長は言っていましたので、
皆さんご安心ください。心配してはなりません。


画像は、スピーチをするバーナンキ議長のイメージ画像です。

参考資料
brucekrasting.blogspot.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');