2011年3月21日月曜日

モノを育てる事、モノを掘り起こす事。

あんびるは、商品投資が好きなように見られていますが、実はあまり農作物に関する投資はあまり好きではないのです。
その理由は単純で農作物は1年で収穫できるからです。
そして、天気さえ良ければ、収穫量がぐんと伸びるからです。

それに対して、鉱山というのは1年では掘り起こせませんし、
天気が良くても、採掘量は増えません。

もちろん、干ばつなんかの場合は、採掘量は同じで、農作物の収穫量は減ります。
しかし、鉱山からの採掘量というのは増やそうと思ってすぐに増やせないし、
運がよければすぐに増えるものでもないのです。

つまり、農作物の場合は供給が急増する可能性があるけど、
鉱物は供給が急増する可能性が極めて低い。
つまり需給バランスが大きく崩れているのを見つけたら、
これから先数年間その状態が維持される事が間違いないというわけです。
ファンダメンタル分析が、大分簡単になりますよね。
おかげさまで、ウランについても大分強気になれました。

結局のところ、あんびるにとっては農作物への投資はハイリスクハイリターンにしか思えないのです。
ミディアムリスク、ローリターンな鉱物への投資の方がワリにあうじゃないですか。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');