2011年4月26日火曜日

銀バブル崩壊?@ヘタレスの宮殿

【4月27日更新の部分】

誰だよ、FFIVはイージーバージョンじゃなければクリアできないと言ったヘタレは?そんなわけで、『銀バブル崩壊?』の説明付きイージーバージョンです。
紫の部分を読まなければ、この日記を理解できない人は修行してください。
いいですか、相場はやるかやられるか。
掘るか掘られるかの世界です。
無知な人間ほど、掘られる確立が高まります。

銀バブルは崩壊したのか?
下記のデータを見る限り、そのようには思えない。

 バックワーデーションが解消していない。

先物には『月』がついていて、例えば8月の銀先物だったら8月に銀の現物と交換できるわけです。
9月の銀先物だったら9月に銀先物と交換できるわけです。

それでは、満期が6月の先物と満期が9月の先物、どちらの方が価値があるでしょう?


答えは、普通なら9月です。
だって、普通に考えてみましょう。
6月なら直ぐ渡すだけでいいのですが、
9月だと、それまでの間保管して、保険をかけたりする費用が発生しますよね?
だから、9月の方が高くなるのが普通なのです。
本当に「すぐ」に欲しい人は貴金属屋にでもいけばいいわけですしね。
なのに、何故か、今の状態だと満期が近い先物の方が高くなっているのです。
なんででしょうね?あんびるは、酔っ払いでめんどくさがりなので、自分で考えてください。

COTレポートを見る限り、『貸借倍率』が1倍程度。
また、人類の誕生とともに銀先物をショートし始めた大手金融機関による、
ショートカバーが行われていない。むしろ、ショートが積み増されている。

まぁ、『貸借倍率』と言うのは、銀先物が買われている割合と売られている割合の比率です。


現在は銀先物を買っている人と売っている人の割合がほぼ等しいのです。
バブルにおいてはみんなが買っていて、売っている人(空売り)が少ないので値段が釣り上がってしまいます。
買ったら売らなければならないのが相場ですよね?
みんなが買っていて、値段が上がっている状態で、みんなが売り始めるのでバブルは弾けるわけです。
しかし、今の状況はどうでしょうか?
買っている人と売っている人が同じぐらいなのでコレは狂った相場ではありませんね。


(少なくとも、価格決定力のある商品先物取引所の)在庫は下降トレンド。.

世界最大の商品の先物取引所がもし、銀はありませんって言ったらどうなりますか?
銀の値段は、あがりますか?下がりますか?
別に難しい質問ではありませんね。

確かに、銀は7ヶ月で160%上がったのに対し、
ナスダックは7ヶ月で100%しか上がらなかった。

そういえば、前回の銀バブルでは銀って確か7ヶ月で400%程あがりましたよね?
7ヶ月で100%上昇は、過去に何度も見られている現象です。
せっかくなので、下にあるチャートを見てください。
過去40年の100日間での銀価格の変動率チャートです。
3ヶ月で50%以上動いているのはしょっちゅうですね。
そして、本当のバブルでは100日で400%動きました。
じゃ、今のコレってバブルなの?

しかし、このような状況からの価格下落はバブルの崩壊と言えるのだろうか?
あんびるは、長期的トレンドの継続は確信しています。
ただし、38ドルぐらいまでの大規模な調整も十分あるとも認識しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');