2011年4月28日木曜日

ゲロ吐き指標

SLV(銀ETF)の在庫レベルが366,199,065.700オンスから、355,368,713.800までわずか2日間で約2.5%ほど下落している。
だから、何?って思われるかもしれないが、こういった動きは非常に重要であるとあんびるは考えている。
昔、ブログを開く前にこの画像の地点で書いたETFの在庫変動に関する日記ですが、
市場のトレンドを見極めるうえで非常に重要なことなので一度読んでみて下さい。



1月30日の底で書いた日記です。

貴金属市場においては、基本的にテクニカル分析は通用しづらい。 
これについては、各種テクニカル指標の金銀に対するバックテストで証明されている。 

通用する主なテクニカル分析はは恐らく、こんなところだろう。 
加えて、他の市場と比べて通用しにくい。 

・チャートフォーメーション /パターン分析
・50日、150日移動平均 
・トレンドライン、ピッチフォーク等 
・フィボナチリトレースメント 

こんだけやり口が限られるなら、FXでもやっていろという話になる。 
あっちはそういう点では一番ラクな市場なので。 

貴金属のやりかたは違う。 
貴金属市場はもっとも操作された市場である。 
よって、自然な群集心理の結果であるチャートにしか適用できないテクニカル分析の多くは通用しない。 

だからこそ、操作しているクソ共の手口を分析する必要がある。 
その分析手法の一つが、『ゲロ吐き指標』(Puke Indicator)である。 



上記は、SPDR Gold Shares (東証;1326 NYSE;GLD)の価格推移及び在庫だが、GLDが金の在庫を1%以上ゲロったところが大底になっているのが伺える。 
そして、1/25にGLDは2.5%程ゲロっている。 
かなりの量ゲロったのでもう暫くのあいだ価格の上昇が期待できる。 
重要な防衛ラインである1320を取り戻したから尚更である。 



え?何でこのクソがゲロ吐くと値段があがるのかって? 
しらねーよwwwww 
どっかのだれか、例えばCOMEXとかが金の倉庫を開けたら金リンク債しかなかったけど客は現物を求めていてどうしようかとかそんな感じのことがおこってたからじゃねぇの?wwwwwwww 
まぁ、俺の想像かもしれねぇけどなwww 
ただ、この手のことには基本的に偶然なんてねぇんだよwwwww 
ところで、GLDのカストディアンって誰だっけ? 
ああ、J.P.Morganでしたかwwwwwwwwwwww 

ついでに、SLVのカストディアンって誰だっけ?
こっちも、J.P.Morganでしたねwwwwwwwwwwwww

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');