2011年5月31日火曜日

実体経済を見る。

さて、先ほどアメリカのニュースをいろいろと見ていたら、
"April Japanese Car Exports Collapse, Down 68%"
(4月の日本の自動車輸出崩壊。68%下落)

なんて、出ていた。
まぁ、コレを見てどう思うかは人それぞれですが、
コレをみてビビって株式を譲ってくださるバカな外人は、
幸いにもそれなりに居てくれるでしょう。

そもそも、震災は3月にあったわけですし、
イマの日本を見てみるとなんとなく復興ムード。
つまり、コレ以上ファンダメンタルが(少なくとも実体経済面では)
悪化する余地なんて無いのですよ。
加えて、暫くすれば、復興需要と輸出が止めてしまったことによる供給不足と供給回復が
セットになって跳ね返ってくるはずです。
(もっとも、急激な跳ね返りはあんびる予測だと7月中になりますが)
更に幸いな事にギリシャ云々によるリスクも交代した訳ですし、
ファンダメンタルだけで見れば仕込むには良い頃合なのでしょうね。

と、占いと大差ない程度の妄言はこの程度にしておいて、
投資家の皆さんはこんなブログよりも現実/実体経済を見ると良いのではないかと思います。

あんびるは、サブプライムからの回復時に多用した戦略になりますが、
こういう極端な下落からの実体経済の回復を見極める際にはGoogle Earth等を利用して、
ヤード(完成車メーカーの新車置き場)なんかを見ています

車がある=ローンがある=消費がある=成長がある。

ということですから。
特に、車がどれだけ輸出されているかに関しては画像でよければイマのご時世簡単にGoogle Earthで見えてしまうのです。
新聞のくだらない記事を読んでいる暇がありましたら、現実を見てください。
新聞は時事ネタではなく、昔話が書いてある書物です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');