2011年6月3日金曜日

金ETFは危ないか?

何故、金ETFを信用してはいけないか。
何故、金先物を利用する上でのリスクは何か。

これらについて延々と説明してもいいのだが、極めて長い話になるし、説明したところであんびるのような常時酔っ払いの考えを真に受けてもらえるかどうかはわからないので、もっとシンプルなアプローチでいきますか。
しかも話を金に限定しないで、シンプルに、一般的な話をしましょう。

たとえば、あんびるが、Kanatoko.comっという金床を売るJASDAQ上場企業の社長になったとしましょう。
社長であるあんびるは、当然自分の会社の未来に対する責任、自分のやっている仕事に対する誇り、現在の経営に対する自信というものを自社株を保有するという形で表明しますよね?
四季報とか開けばわかるように、どこの会社でも経営者は自社株をもっていますよね。

ただ、世の中にはそうではない会社もあります。
そういう会社に対して、投資家は『本当にこの会社は大丈夫なのか?』ってなります。
会社が成長するなら、株価は上がるはずなので会社について一番知っている社長は自社株を欲しがるはず。
逆に、確実に破綻するなら会社について一番知っている社長は、会社が投資家に疑われたとしても保有したくない。
ってなりますよね?

それなので、経営者が自社株を保有していない企業の株式は絶対に買ってはいけません。
財務諸表を見て、どれだけその企業がすばらしくても、
マスコミにどれだけ賞賛されていても、
自分がその会社が1部上場になると思っても、
有名人や大手金融機関が大株主であったとしても、
その株を買ってはいけません。
なぜなら、その会社についてあなたよりも遥かに理解しているはずである社長が、その会社の株式を持っていないからです。
あなたの知らない、もしくは知りえない保有しない訳があります。
もしも、社長が自社株を持っていない株にあなたが興味をもったのであれば、それを調べてください。
また、それに類似した企業についても調べてください。

少なくとも他のもっと普通な株よりかは遥かに興味深いオハナシが出てくるはずです。


で、なんでこんな素人株式投資家向けのオハナシを貴金属ブログでするかって?
それは、GLD(1326:SPDRゴールドシェア)のトップ(Managing Director)のJason Touissantは自身で金現物を保有しながらも、自分が運営するGLDを一株も保有していないからですよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');