2011年6月17日金曜日

ユーロ危機とMMF

現金級の安全性を誇るMMFですが、
MMFの約40%が欧州の金融機関の短期債券に投資をしている。
これらの55%はムーディーズによるとフランスの金融機関のコマーシャルペーパーなのですが、
フランスの金融機関って言うのは4兆円を上回るギリシャに対する債権をのが保有しているのですよねぇ。

まぁ、常識人であればとっととギリシャのクソみたいなカミキレなんて、
さっさと処分しているのですが、所詮は他人のカネを扱う連中はどうなんでしょうねぇ?
リーマンの時みたいに、政府が救済してくれることを期待して、
まだ処分していない連中もいるんじゃないですかねぇ?

もし、ギリシャがデフォってしまったら、フランスの金融機関も当然のことながら格下げされて、信用収縮が発生してMMFの価値もリーマンの時に毀損されるかと思うのですが……まぁ、それでも救済される可能性はありますよね。

救済されたら、それで良しという問題ではありませんが。
#救済のためのカネはどこからくるのかな?w

余談

どうでもいいけど、フランスの銀行って『銀行/Bank/Banque』って付くところ少ないじゃないですか?
クレディアグリコールとか、BNPパリバとか、ソシエテジェネラルとか……

なんでかっていいますとね、1700年代に『Banque Generale』 っていう銀行が巻き起こしたバブルとその崩壊が、未だ人々の心から消えていないからなんですよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');