2011年6月19日日曜日

鉱山株安くね?

さて、ここ最近株安の所為か、金に対して金鉱山株が大分売られている。
(銀についても同じ)
売られているのは、デフレ懸念がどうのこうのとテキトーに説明し続ける事もできるが、
流石に売られすぎではないだろうか?
そんな風に思う投資家がココ最近出現し始めており、あんびるもその一人である。




こちらは、デグルート先生が作成した過去の金鉱山株対金価格のチャートになるが、
よく見てみると、サブプライムの底の時と同じような動きになっている。
また、去年の12月ごろの天井が、今回の底として機能しそうな風に見えなくも無い。

もちろん、ここから更に安くなる可能性はあるわけだが、
十分安いのでコレ以上さげたところで大して気にならないところまでは来ている。

それとそれと、忘れがちな人が多いようですが、投資のルールはただ一つ、
安く買って、高く売る。
それだけです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');