2011年7月27日水曜日

なんで、債券市場が重要か。

割と無視されがちな債券市場だが、これは株式市場などと比較して遥かに重要なんです。

まず、第一規模がでかい。
株式市場が$47Tであるのに対し、債券市場は$96T程ある。ちなみに、世界のGDPは$67Tぐらい。
株式市場は一部の大量のデリバティブや訴訟問題を抱える金融業者を除いて概ね健全なのに対し、債券市場はというと今や格下げの連続である。どこのもかしこも借金まみれ。よって世界的に債券価格が大幅に下落する要因はいくらでもあるが、何が引き金になるかは正直知らない。ギリシャみたいなところの暴落はあまり他には波及していないがより大きな国がマズくなった時どうなるかは知らない。
少なくとも、米国が落ちたときは米国債を抱える日本にも波及するだろうし、イタリア落ちたら、フランス。フランスが落ちたらドイツへとある程度波及するはずですね。
日本の上場企業並みに、国っていうのも持合っていうのがお好きなのでw

で、債券価格が落ちるとナニが問題かっていうと壮絶な信用収縮が発生する。
なんでかと聞かれたら、こんなかんじになる。

①わかりやすい理由
 債券価格が落ちると金利が上がって、お金が借りれなくなるから。
②もうすこしわかりにくい理由
 株と違って債券の裏にはモノによる裏づけがほとんど無い。
 株の場合、増資があってもそこから成長する事は出来るが、債券の場合ヘアカットがあったらもうその分はオシマイ。
③無視されていると思われる理由
 債券なんてどこの銀行もたくさん持ってるけど、コレが落ちたら自己資本比率とか下がってカネを貸すどころじゃありませんよ。
 リーマンのときに株価が下落して新生の自己資本比率がーとか言っていたのが遊びのように見えるんじゃないですかね?
 なんせ、株式市場より大きいわけですし。

そうなると、壮絶な信用収縮が発生しちゃうのです。
壮絶というのはトヨタ社員がトヨタ車を買うのにローンを組めないとかそう言ったレベルの話ではなですよ?
(実際、これくらいのことはリーマンの時にもありましたしね)
実体経済がヤバイなんてものではなくなっちゃいます。

このような状況になった場合、中央銀行がどう反応するかは見物でしょう。
ただ、いずれにしてもこうなってしまうと、カネは債券市場から逃げ出すわけです。
で、カネを稼ぐにはコノ場合カネはどこに逃げるか?という話です。

中央銀行の反応しだいでは株式市場に逃げるというのもありえます。
ヘリコプターにのってカネをばらまくとかやったら、
まだ実体のあるものに裏づけされた株が欲しくなりますよね。

中央銀行が無反応なら現金に逃げるというのもありえますよね。
銀行がカネを貸せないような状況でカネを持っているというのは強いですよね。
債券なんかもっていても踏み倒されるかもしれないけど
カネの価値が上がっている状態ではデノミネーションはありえませんからね。

で、中央銀行の反応なんて関係ナシにカネが逃げてくるのは金です。
債券がデフォルトするかもしれない。
信用収縮で会社がカネ借りれなくなって破綻するかもしれない。
信用収縮の解消のために中央銀行がカネを印刷するかもしれない。
(量的緩和或いはその類似的行為)

そうなると、安全な所はドコ?
嘗て、債券市場に問題が発生したときは金に裏づけされたドルが買われたりしたが、
今やそのドルやアメリカ国債自体がヤバいことになってますよね。
そうなると、世界中で価値を認められていて、カネみたいに使えて、流動性があって、預金封鎖みたいなこともされなくて、破綻しちゃったりしない資産は何になるの?
カウンターパーティーリスクのない資産は何になるの?
金とか銀とかじゃないですかね?
世界GDPの1.5倍に相当する$97Tの規模がある債券市場のカネが逃げ先を探して、わずか$2T程しかない金市場とかに流れ込んできたらどうなっちゃうんでしょうねw
ちょっと流れ込んだだけでも、すごいことになりますよ。

そんなわけで、最終的な金価格の暴騰は債券市場の下落によって発生するとあんびるは考えているので、貴金属ブログであるにもかかわらず債券の話をこうしてよくするわけです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');