2011年8月28日日曜日

アップルっていう変な会社、ジョブスっていう凄い人

ずーーーっと、あんびるの空売り候補リストに入っていて、一度も手を出した事が無い会社がアップル。
(非常に浅い考えであるのは承知ですが、PER高すぎだし)

その、アップルって言う会社は極めて純粋に変な会社なんですよ。

時価総額はデンマークやタイのGDPやマイクロソフトの時価総額を越え、
モロッコやイラクのGDPを越える売り上げがあり、
スーダン、シリアやルクセンブルグのGDPを越えるだけの現金を保有し、
PC用OSの先進国の間でのシェアは10%を越え、
スマートフォンのOSのシェアもさっきまでは世界1位で、
世界的な音楽配信のインフラすら構築してしまった、
極めて収益性の高い企業です。

なのに、ジョブスが引退するというだけで、会社の衰退がマジメに議論されてしまうようなとこですよ。
変じゃね?常識的に考えて


常識的に考えれば、そんなすごい会社ならトップが代わっただけで衰退に繋がるなんてことはないでしょ。
実際にビルゲイツが引退してもマイクロソフトは健全なわけですしね。
それに、それだけのキャッシュポジションがあれば一朝一夕の衰退はありえないでしょ。
確かにそれは絶対にありえませんが、それでも衰退のリスクについて噂される…ではなく、投資銀行、ヘッジファンド、アナリストにマジメにそのリスクについて分析されてしまうような企業です。
すごく変な会社ですよね。
(もちろん、アップルの衰退を心配している人が変という考えもありますが)

けど、その会社を伸ばしていたのはジョブスっていう凄いひとで、アイホンやらアイなんちゃらやらをいろいろ作っていって米国最大の企業にまで伸ばした人です。
実際に10年前、AAPLの時価総額がMSFTの時価総額を越えるなんて思っていた人どれだけいますか?
相当量の大麻を吸引しているマカー以外ここは挙手しない場面です。
要するに、常識的に考えて誰もが想像できないことを成し遂げた人がジョブスです。

さーて、そんなわけでとんでもない知名度、市場シェアを持ち、ナスダック株価指数、確定拠出年金の中でも大きな位置を占めながらも衰退がマジメに議論される変な大企業から、ジョブズっていうとんでもなく凄い人が抜けてしまうわけです。
僅か市場シェアが6%しかない日本市場でも、更に騒がれてもいいんじゃないですかね?
少なくとも、日本の総理大臣の交代よりかは世の中に影響があるのではないでしょうか。


#なお、個人的にはかなり嫌マックです。えろげが動かないので。
#ジョブスも嫌いです。だってネットからポルノを消すとかアフォだろ。
#ちなみに、個人的な予測としてはアンドロイドにアップルの収益源が消し飛ばされ、アジア市場でのシェアの低さが響いていずれアップルは衰退していくとは思っているものの、実際にショートできていないのがあんびるです。チャート強すぎ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');