2011年9月9日金曜日

スイス中銀の介入について②

スイスの中央銀行が本当にスイスフランの暴落を招いたり、長い歴史を誇るスイスの金融面での安定性を損ないたい可能性は極めて低いだろう。もしも、そのようなことを望むのであればとっくの昔にユーロに加盟しており、今のドイツ中銀と同じような運命をたどり苦しんでいただろう。しかし、現状ではスイスフランが『強すぎ』になって、その場合、通貨安に導く為に介入などの短期的な手段は行われた。但し、市場への介入は、急速に極めて高コストなものとなり、介入者の金融システムを不安定化する。よって、ユーロペッグもどきの現状は長続きすることはないだろうし、そのことはスイスの中央銀行も理解しているだろう。

ジョン・ウィリアムズ先生
www.ShadowStats.com

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');