2011年9月13日火曜日

相場師の相場



そういえば、投資セミナーってあるじゃないですか。
あの1日数万とか、やったらカネのかかるアレです。

まぁ、一流の投資家ってのは基本的に時給がクソ高いので、
そういう人を呼んでプレゼントかしてもらうとカネかかりますよね?
あたりまえで仕方ない事ですよね?


日本ではwwwwwww


じゃ、海外はどうなのよ?
っていう話になる。
例えば、今度NYであるB.Ritholtz主催のThe Big Picture Conferenceでは著名ヘッジファンドマネージャー、新聞記者、ブロガーを集めて1日で500ドルぐらい。※
分野がメジャーではないから(時間当たりの)価格は落ちるけど、貴金属関係では最大のGATA Conferenceは有名ホテルで開催して3日で800ドル。
世界各国でセミナーを開けるだけの知名度と十分な実力があるMHFTのJohn Thomasのセミナー/食事会は毎回270ドル前後。
※早く予約するほど安くなる。最安で395ドル。

まぁ、この最後のJohn Thomasだけはこういったのをよくやっている所為で向こうではセミナー業者扱いされていますが、1人でそれを大幅に上回る額のセミナーをしている人をみたら他所の国の人はどう思うんでしょうね?
そういったセミナーを開催している人、受けている人は本当に利益を出しているんでしょうかね?





さて、あんびるは酒を飲むので忙しいので一々日本におけるセミナーの相場なんてモノは調べていませんが、日本における一般的な相場は、ここで提示された相場よりかはよっぽど高いんじゃないですかね?
正直、十分なカネを自力で稼げている投資家なら、モチベーション維持と必要コスト回収以上に余計なカネを皆様から集める必要があるとは思えないのですがね。
これは、ブログなどの情報源についても言えることです。
ちなみに、あんびるは広告の多い経済/投資関係のブログは無条件で避けるようにしています。
自分で十分カネを稼げているのなら、なんでそんなみみっちい手段に頼るのか理解できないからです、


those who can, do - those who can't, sell newsletters.  - Jesse
出来る人はやる-出来ない人は、メルマガを売る。
#まぁ、例外もいますが言いたい事はわかりますよね?

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');