2011年9月6日火曜日

SNBとユーロは一体何やってんだか。

さて、今日はSNBがユーロ/スイスフラン相場の下限1.20フランに設定した瞬間、あんびるの抱えるEUR/JPY Shortの利益が消し飛んだわけだが、自分のポートフォリオについてどうのこうの思う前にSNBの判断に呆れ返ってしまった。

『無制限に外貨を購入する用意がある』と書いて、
あんびるは『無制限にカネを印刷する用意がある』と読むんですけど?

EURの下落が激しくなったらそれにあわせて自国のインフレ率上げる覚悟あんの?

別にSNBを下げたところで、EURのファンダメンタルが改善するわけじゃないんですけど?

っていうか、SNBを下げるとスイスというお客さんの購買力が減っちゃうから余計にEURがやばいような気がすんですけど?

ちなみに、野村證券の池田雄之輔氏がロイターにてに適切なコメントをしていた。
スイス国立銀行(中央銀行、SNB)が6日、スイスフランの対ユーロ相場に1.20フランの下限目標を設定したことを受け、ユーロや豪ドルが急伸しているが、
これは、アルゴリズムに基づいたトレーディング・システムが、フラン安を「リスク・オン」のシグナルとして捉え、ユーロや豪ドル買いを進めた結果だろう。為替市場の初期反応は、あくまでも人工知能がリードした機械的反射だが、ドル/円相場が77円台前半に上昇したのも同様の背景があるとみられる。

こういうキチガイみたいなアルゴリズムが蔓延っているから、
あんびるのようなファンダメンタルだけの人間でもコリレーションに気を使わなければならないのである。

その一方でユーロは何も変わっていない。
本質的に変わったのはスイスだけ。

かなとこはコレを機に感謝の気持ちを込めてEURJPYショートを積み増しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');