2011年10月26日水曜日

価値の原器

ちょっと前のニュースになるが、なんでもキログラムの定義が見直されるらしい。何故なら、今のキログラム原器は放っておくとゴミが付着して重くなったり、軽くなったりして問題になるかららしい。
あんびるのようなえろげーまーにとってはあまり関係のないような僅かな差なのだろうが、それでもその筋の人にとっては大きな問題なのだろう。同じ『1kg』でも重さが違ったらそれは大変だ。

その一方で、今は円高が問題になっている。1ドルが75円台になってしまったからだ。だけど、ドルの価値自体は10年前から一定なわけは無いのに、それに対して安いから高いからと毎日ごちゃごちゃ言うのは馬鹿げている。実際に、10年前のドルと購買力を比べたら今でも日本はまだまだ円安だ。
今円高が問題だと証券、銀行、輸出業に出てくる人達は言っているけれど、本当は円安に進んでいる。
そして、円高ドル安になる本当の理由は超ドル安が進んでいるからなのに、円高といっている日経、日銀その他クソ共は狂ってる。

こういった連中に、騙されないようにするには、頭の中に価値の原器をもつ必要がある。
為替市場とか価格は相対的なものでしかないから、絶対的に安心できるバリュー投資を見つける上では価値の原器と比べてモノが安いのか高いのか判断しなくてはならない。
そして、この価値の原器を構築していく事がバリュー投資の実力向上だと考えている。
だから、利益の量が実力だとも思っていないし、もちろん貴金属投資だってバリュー投資になりえる。

だけど、価値の原器ってなんなんだろう?
金も市場で取引されるモノである以上、バブルは必ず起こるだろうし、パニック売りもあるだろうから原器とはいえない。ひょっとすると、バブルになりえないもの、例えば松屋のカレーとかの方が原器に近いのかもしれない。
(もっとも、金が最もそれに近い金融資産であるとは思うが)

まぁ、あんびるの頭の中にも価値の原器なんて洒落たものがあれば何も苦労しないのだけれど、それが無いからせめて相対的な価値や価格に騙されてアフォな投資をしないようにしようと気をつけたいところですね。
画像は、松屋のカレーに対するあんびるのコメント。
だけど悪いのは松屋じゃない、銀行なんだ…

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');