2011年12月24日土曜日

更に訳がわからないPSLVのプレミアム推移

銀市場がおかしいのはいつもの事だが、最近はそれが更におかしい。
まず、市場の『おかしさ』を計るための単純なバロメータとしてあんびるは、PSLVの銀スポット価格に対するプレミアムをまず最初に見ている。PSLVは銀ETFなので仮に市場が効率的であるとすれば、0%でなくてはならないのだが、現在プレミアムは22.65%を示している。この水準は『銀の在庫切れ』が本当にささやかれ、銀価格が50ドルに迫っていた頃と同水準の『危機感』だ。

過去のプレミアムの推移を見る限り、価格が上がる=銀の需要が上がる=在庫が減る=先物への不信感が募る=安全な対象としてPSLVが買われる、という流れで買われており、中長期的な上昇トレンドを維持しながらも基本的に、銀が安い時にプレミアムは低く、銀が高い時にプレミアムが高かった。しかし、この一ヶ月で銀は再び暴落しただけではなく、一ヶ月前には最大で1200億円相当の売り出しを発表したばかりでプレミアムは低くて当然の状況において、何故か既に最高レベルの22%をとりもどしている。普通に考えれば、プレミアムはIPO時の6%ぐらいまでもどしていてもおかしくは無いのに。
(厳密には1200億相当の一括登録なので、すぐに1200億分の銀購入、ETFはっこうという流れにはならないが)

まぁ、プレミアムが高ければもっとPSLVを売り出して現物市場を圧迫する事とかいろいろできてありがたいのですが、今回のプレミアム急騰は不思議すぎて仕方が無い。
やはり、MFグローバルが死亡した事で先物市場の信用が失われた結果なのだろうか?
特に、PSLVなんて買ってるのはMFグローバルの件でカネが戻ってこなかった殆どアメリカ人だし。




0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');