2012年2月14日火曜日

日銀のいんたげ

ついに、日本もそれなりの規模の緩和に踏み切った(ような感じだ)。北米、欧州、英国とそろって金融緩和という展開ははっきり言ってロクでもない。これは世界規模の通貨安戦争といっても全く差し支えはない一方で、多くの国内の投資家にとってはプラス要因だろう。

そんな中、一点だけ気になる事がある。日銀の抱える1%という目標の意味は何なのだろうか?。実際に米国の(詐欺的に低く操作された)CPIはここ数年間2%ほどで推移しているため、日本が1%に上げた所で中長期的なトレンドが変わるとは考えづらいし、日本が米国並みに本気になった所でオバマやバーナンキ等が嫌がらせを始めるというのは少しでも歴史を振り返れば目に見えている。
だから、あんびるは今回のインタゲの目的は通貨安競争に勝つ事であるとはあまり考えていない。本当の目的はユーロ崩壊、その他金融危機が発生した場合の急落に備える、或いは急落した際は買い支えられるという予告であると考えているし、日銀の連中も同じように考えているだろうとも考えている。
この先どんなカオスが待っているのかは知りませんが、きっと日銀の人たちは1%にしてくれるとなれば皆さんも勇気を振り絞ってパニック状態の中でイロイロ買ったりする事ができますよね?最初っからインフレ率が1%になるってわかってれば、底値で売ろうなんて愚かなことも考えませんよね?リーマンの時の様な正真正銘のパニックと違って、次のパニックはもうちょっと落ち着いたものになるのではないかなと思いますので、みなさんも落ち着いて底値で拾いましょう。

どうでもいいけど、日本の多くの国民は消費税増税となると大騒ぎするのに、実質的には殆ど意味が変わらないインタゲについては殆ど関心を示さないんですかね。こういったバカな態度を示しているから不換通貨制度においては、増税ではなくインフレという形で国民の資産が国に搾り取られるんですよね。まぁ、インフレというデファクトな増税の方があんびるとしても対応しやすいので、これ以上の文句は言いませんが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');