2012年4月24日火曜日

Sprott系ETFから見るセンチメント


この段階で既に気がついていない人はいないかと思うが、貴金属市場のセンチメントは最悪である。だからなんだという人もいるかもしれないが世界各国が通貨安政策を行い、債権の利回りが上昇し、企業の業績も天井に当たりつつある中、金価格があまり上がらないのは何か合理的な理由があるのではなく、9割がたセンチメントによるものであるとあんびるは考える。

実際に、今センチメントはどれだけ低いかスプロット系ETFのNAVに対するプレミアムを通じてみてみよう。


PHYSを見てみると現在は0.93%で最低水準。


そして、PSLVは4.74%とこちらも、最低水準。

まだ長い歴史があるとは言えないETFではあるが、この水準まで落ちた時は必ずリバウンドしている。
また、他のセンチメントに関する指標と比較してスプロット系ETFが敏感に反応するCOMEXの在庫問題はなくなったわけではない。実際にPSLVの在庫推移を見てみても横ばいといった表現が妥当なところだろう。

そんな中PSLV, PHYSというわりとハードコアな貴金属投資家向けのETFですら投げられ始めたということは、これはもうこれ以上投げてくることが出来る人極めて限られていると見ていいだろう。
QE3期待に対してFRBが応えないというだけでまさかここまでセンチメントが悪化するとは想像もしていなかったが、こういった相場をありがたく利用させてもらっているので特に文句はない。





ところでみなさん、ここ最近のAMFIX周りの価格操作がちょっと酷いとは思いませんか?
そこでヘッジするべきだとは思いませんか?www

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');