2012年5月31日木曜日

ドイツでも金は担保


http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/71759941db550351b7a31dc56236b675

最初に太字になっている文章が思いっきり誤訳となっている点を除けばこの訳はまぁ良いとおもう。
ちなみに、最初の一文をあんびるだったら、こうテキトーに訳す。↓
『現在ドイツで支持を集めつつある€2.3Tの救済案では、南欧の債務国は金準備高及び国宝までも担保として預けなきゃならんらしい』
決定事項であるか否かではぜんぜん意味が違うが、それは置いておこう。


とりあえず、細かな説明は上記の記事任せるとして、こういったことから欧州においては少しづつ金を、担保やカネとして受け入れる流れが加速していることが伺える。そもそも、BISの会計基準では金はTier3資産であるため、時価の50%でしか評価されないが、金に対するこのような扱いが実態に即していないということがドイツでこういうやり取りが行われていることを見ると容易に理解できるかと思う。

以前紹介したとおり、バーゼル銀行監督委員会においても金をTier1扱いすることについても検討されているが、そうなると金が時価総額の100%で評価されるため、現在の力関係が崩れるのでそれを不都合に思う米国とか、アメリカとか日本とか言う国もあるだろう。なので、決定がスムーズに進むとは考えていない。

しかし、自分の中で金の価値がTier1であるか否か決定することは出来る。
もし、Tier1であると思うのであれば、まだ世間一般ではTier3と評価されている今のうちに買うべきだろう。

#どうでもいいけど、Occidental Petrolium (OXY)の利回りが2.6%とかいっててハァハァしてるんだけど、まだ買わない…
まだ。
ただ、目はつけている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');