2012年10月21日日曜日

Euro FX, Gold, Silver COT チャート

おはようございます。引き続き、銀価格の下落に警戒しているあんびるです。

今日は貴金属飲み会だし、冷静に考えるとこのブログは貴金属ブログのはずなので、たまには本格的に貴金属ブログらしいことをしなくてはならないなぁ、と思い朝からEuro FX, Gold, SilverのCOT チャートを作成していた。
前から金と銀のCommercial,Large Speculator,Small Speculator(Non-reportingとも言う)の其々のロングポジションとショートポジションが連結された値の推移とOIの推移が一目でわかるチャートを作りたかったのでめんどくさいので作らずに、不親切なことにこのブログでもCOTレポートをそのままペッと貼り付けておしまいだった。こんな風に。

だけど、やっぱりそれじゃいかんなぁと思い、今更ながら作った。
加えて、最近になって為替の貴金属価格に与える影響も考慮すると、やっぱEuro FXのCOTも重要だなぁ、と思って同様のチャートをEuro FX用にも作成したので、みなさんテキトーにご利用ください。

https://docs.google.com/open?id=0B_BkKfm95BrOV3Y5aEJzblR2Rlk
あと、このチャートはGoogle Docsではなくて一度ダウンロードしてエクセルとかオープンオフィスでで見てくださいね。でないと、チャートが見えません。
あと、ご参考までにということで2005年からのデータでチャートを作っています。
巨大なチャートなので、もっと小さくしたい人はエクセル/オープンオフィスで『行を表示しない』を使ってチャートを小さくしてください。

で、あんびるは、このチャートはこんな風に使っています。


・現在から精々1年前のデータを元に、1-3ヶ月先の値動きを予測する。
・棒グラフの上下の幅が広ければ広いほど、下落の可能性が高い。
・棒グラフの上下の幅が狭ければ狭いほど、上昇の可能性が高い。
 →なお、この棒グラフの幅を絶対値で見るのではなく、脳内処理でオシレーター化してご利用ください。
・線グラフは脳内でオシレーター化して、高い時程下落の可能性が高い、低い時が上昇の可能性が高い。

で、これを過去の値動きに照らし合わせてみるとそこそこつかえることがわかるはずです。
で、今の動きを見てみると、もう少し銀価格等が下落してもおかしくないことがわかるはずです。
特に、Euro FXのほうの上昇によりドル高になりそうなわけですしね。

そうそう、それと前回は言い忘れていましたが、今って季節的にみてもあまりよろしい頃合いではありません。

金季節性チャート

銀季節性チャート


あんびるは月末までは引き続き警戒していきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');