2012年10月13日土曜日

住宅着工とかIMFとか

そういえば、ここ最近米国の住宅着工件数が急速に回復していて、それが話題になっていますが短期的なチャートと長期的なチャートでその回復の様子を見比べてみるとこんなかんじになります。


左:短期的なチャート 右:長期的なチャート

まぁ、今回のQEもあってある程度の底打ち感はありますが、あまり踊らされ過ぎないようにしましょう。在庫は潤沢ですよ…


あと、今回の総会でIMFのEUに対するスタンスが180度変わって、軟化しました。


ラガルド専務理事は「勘違いしてはならない。成長がなければ、世界経済の将来は危うい」と述べ「歴史から得られる教訓は、公的債務の削減は成長なしでは信じられないほど困難ということだ。逆に、高水準の債務は成長をより困難にする」と指摘した。


となんかあのクソババアは言っていますが、なんで今頃になってそんなこと言うんでしょうね。別にこれは新発見でもなんでもないはずですが…


まぁ、歴史から得られる教訓としては、マトモに徴税出来る環境、マトモな政治家、適切に規制された金融機関、そして老人や公務員が社会に対して過大な負担になっている等の条件も揃わないと公的債務の削減は信じられないほど困難というものもあるのですが、それを認識するのは遠い未来の話なのでしょう。


さて、IMFがカネを刷る以外にどのような「成長」を促進する方法を要求してくるかはわかりませんが、ドイツが反発しているところを見る限り、どうせインフレ圧力になる何かをするんでしょうね、と勝手に想像してます。


その他

・幸いにも(?)予測通り、銀が落ちましたね、急落というほどはありませんが、金曜日に大きく下げてきたので少なくとも来週いっぱいまでは警戒したいところです。あと、せっかくなので、損しないぐらいのところでストップロスも仕掛けてきましょうね。


あと、すみません。当初アップロードしていた韓国に学ぶ精液のrarファイルが壊れておりました。
修正したので、もしよろしければダウンロードと拡散、批評空間でのレビューなどおねがいします。
ちなみに、この画像はみすこそ氏が描いた主人公の画像。
とても…えろげーの主人公っぽいです。

ダウンロードはこちらから:www.futsugo.org

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');