2012年11月18日日曜日

さようならロンポール


ロンポール議員、引退のスピーチ


ロン・ポール議員が年末にて引退することとなった。彼ももう年なので仕方がない。

だが、彼がいなくなったことで来年以降の米国大統領選は『革命的な大三党』が現れない限り(日本の選挙と同じぐらい)完全に意味のないものとなるだろう。(なお、リバタリアンパーティーはそれに該当しません)
民主党も共和党、及びその立候補者は完全に『Same shit, different asshole』なので、どっちが勝ったとしても多少の誤差はあれど結果は同じであり、アメリカ経済は確実に破滅に向かって進む。

あと、どうでもいいけど、もし米国に観光旅行にでも行く予定のある人、アメリカが自由の国だと勘違いしている人は氏の引退スピーチを全て聞くべきだ。米国はもはや教科書で習った民主主義と自由経済の国ではないということがよくわかる。

次回の米国選挙についてわかること

0 件のコメント:

コメントを投稿

// I Support The Occupy Movement : banner and script by @jeffcouturer / jeffcouturier.com (v1.2) document.write('
I support the OCCUPY movement
');function occupySwap(whichState){if(whichState==1){document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-blue.png"}else{document.getElementById('occupyimg').src="https://sites.google.com/site/occupybanners/home/isupportoccupy-left-red.png"}} document.write('');